2012年4月現在 ズバリ!!お薦めは ロリポップさくらハッスルサーバー!!

低価格レンタルサーバーに求められるスペック

1.安定性、レスポンスが早いこと(死活問題です) 2.使用料が月300円以下であること 3.独自ドメインが使えること(独自ドメインは財産です) 4.マルチドメインが使えること(ひとつのサーバーでいくつものサイトが可能) 5.サブドメインが使えること(ドメインを量産可能) 6.CGIが使えること(今どき常識ですが) 7.データーベースが使えること(レンタルではない独自ブログ構築に欲しいです) 8.お試し期間があること(レンタルサーバーには当たり外れがありますので) 9.容量1ギガ以上

おすすめ激安レンタルサーバー

は私のお勧め) 月額 年額 初期
費用
初年
度計
容量(M) 独自
ドメ
マルチ
ドメ
サブ
ドメ
CGI データベース ログ お試し
ロリポップ1 263円 3156円 1575円 4731円 13000 10日
ロリポップ2 105円 1260円 1575円 2835円 2000 × 10日
さくら 500円 6000円 1000円 7000円 10000 14日
さくら 125円 1500円 1000円 2500円 1000 X 14日
ハッスルサーバー 208円 2500円 1000円 3500円 1500 10日
コアサーバー 208円 2500円 500円 3000円 10000 5日
99円レンタルサーバー 99円 1180円 2000円 3180円 1000 X -
NSFレンタルサーバー 150円 1800円 1200円 3000円 2000 ○※ X X X 14日
ステップサーバー 250円 3000円 600円 3600円 1500 X 10日
Pデラサーバー 198円 2376円 980円 3356円 200 X X X 11日
Bfit 200円 2400円 500円 2900円 500 X X 14日
ADAM 200円 2400円 500円 2900円 2000 X X 10日
ネクストスペース 167円 2000円 500円 2500円 500 X X 10日
TOK2 200円 2400円 0円 2400円 X※ X X X 14日
JTS-NET 105円 1260円 525円 1785円 500 X X X 30日
JSN 200円 2400円 800円 3200円 000 X X X ○※ -
らむねインターネット 200円 2400円  0円 2400円 30 X X X X - -
SPUR 200円 2400円 0円 2400円 200 X X -
Y30ネット 38円 456円 100円 556円 5 X X X X X 10日
ポケットサーバー 80円 960円 1000円 1960円 50 X X X X X 10日
えらべるWeb 175円 2100円 0円 2100円 100 X X X X X X -
ミライネット 105円 1260円 1050円 2310円 1000 X -
ミニム 180円 2160円 1000円 3160円 3000 14日
ミニバード 263円 3156円 788円 3944円 30000 14日

究極の激安レンタルサーバー

上記のデータを基に自分の経験からお薦めレンタルサーバーを選ぶと下記の通りになります。

1)さくら

いちばん安心なのはここですね。 上場企業で、サポートもしっかりしていますし(電話サポートまである)、 サーバーも安定しています。 月額125円というのは他社にとって脅威ででしょう。 自分も使っています。 ただひとつ問題をあげるとするとデータベースが使えないこと。 ブログは『さくらブログ』というかなり高機能なブログを使える(1箇所だけ さくらのリンクが入る)ので問題ないかもしれませんが、ワードプレスなどの CMSをどうしてもインストールして使いたい人はもうひとつ上の月額500円の プランを選ばなければいけません。 月額500円のプランではユーザー数も少なめになる(ライト350人、 スタンダード110人さくらのレンタルサーバ非公式FAQ)のでメインサーバーの 運用にしても充分にいけるでしょう。

2)ハッスルサーバー

低価格でデータベースが使えるので人気がありますね。 私も使っています。 コントロールパネルもシンプルですし、マルチドメインやサブドメインも 使いきれないぐらいたくさん使えます。 サーバーはさくらのデータセンターの中にあるようです。 自社ではないわけですが、信頼はでききると言ってよいでしょう。 不安材料があるとすれば、少人数の経営のようですので実情がよくわからないという ところでしょうか。サテライトサイト運営にはおすすめです。

3)ロリポップ

インターフェースがシンプルでかなり使い易いです。 さくらやロリポップに比べると機能面で負けていたロリポップが 巻き返しに出ました。 データベースが使えるようになり、マルチドメインもOK、充分すぎる要領を 考えると断然一押しでしょう。さて、当然さくらも巻き返しをはかってくる でしょうからうれしい値下げ競争はまだまだ続きます。 ロリポップは実はさくらのサーバーを利用しているようです。 競争相手のサーバーを使って商売やっているのが不思議な業界でも あります。

4)Xrea Plus

とにかくコントロールパネルが使いにくいです。最初は間違いなくイライラします。 しかし自由度が高く、個人のサーバー並みの設定ができるようです。 私はワードプレスを使っていますがwordpress3.0から使えるようになった ネットワーク機能がこのレンタルサーバーで実現できました。 データベースを10個使えるのもありがたいです。

5)99円レンタルサーバー

初期設定料金が2000円とられるのとデータベースが使えないとのことで、 私はまだ使用に踏みきれていません。

6)NSFレンタルサーバー

良さそうなので使ってみようとしましたが独自ドメインを持ち込もうとすると 設定料が突然1500円ぐらいプラスされるということで止めました。 そりゃないよ〜

7)ステップサーバー

私も使っています。安定していてインターフェースもわかりやすく使い良い サーバーだと思います。マルチドメインが使えないのは残念です。 それとワードプレスを使う方は自動更新ができないので不便です。

8)Pデラサーバー

自分の田舎の企業なので応援したい気持ちはあるのですが、 機能的にちょっと不満です。

9)JTS-NET

価格が魅力だったので使おうと思ったのですが、自分のドメインを先に 決めて設定してもらわないといけないらしく、将来的な不便さを感じました。

10)ミニバード

データベースが5つ使えて容量も30ギガいけるそうです。一台で多くのサイトを 運営したいという人にはお薦めだと思います。私は使ったことがありませんので 使い心地まではわかりませんが。

11)ミニム

この値段でデータベースが3つ使えるのは魅力的です。 私は使ったことがありません。

絶対お薦めしないレンタルサーバー

FC2

かなり有名どころで価格もそこそこだったので使ってみましたが、 期待は完全に裏切られました。 この会社実はアメリカにあって、あっちのサーバーを使っているんですね。 アメリカのレンタルサーバーは通信に時間がかかりますのででできるだけ使うべき ではありません。 そんなことはまったく説明にありませんし、使い勝手が悪く腹がたってきます。 ドメインの切り替えも自由にならず、一回操作すると3日間動かせません。 他からドメインごと乗り換える場合はファイル転送の前にドメインを移動させなければ ならず、他の人がサイトを見れない空白の時間が生じます。 ログも5日しか保存できず、サポートもメールの態度が悪いです。

激安レンタルサーバーが必要なわけ

私はレンタルサーバー会社約10社と契約しています。 なぜかというとホームページを作ってネットショップやっているのですが、 ひとつのサーバーだけの運用だとSEO対策上、どうしても不利になって しまうからです。 メインとするサイト以外にできるだけ多くのサイトを作り、 そこからメインのサイトにリンクしてやるとサイトの評価が高まるわけです。 そういうサブのサイトをサテライトサイトと呼んでいますね。 つまりサテライトサイトをたくさん作るために多くのSEO対策会社と契約している わけです。 SEO対策をかじった事のある人なら誰でも知っていることだと思います。 もちろん他のサイトから勝手にリンクされてしまうほど人気があるサイトであれば そんな必要はないのですが、このセチガライ世の中、人のサイトにリンクを貼って あげるようなお人よしも少なくなってしまいました。ましてや企業のサイトを好き 好んでリンクする人はいないといってもよいでしょう。 SEO対策上リンクを貼ることが有利になるのであれば、多少の出費は覚悟しても 自分でサイトを作りリンクを増やすぐらいの努力は当たり前です。 最近のレンタルサーバーで進歩したのは、ひとつの契約でいくつものドメインを 運用出来るマルチドメインというサービスだと思います。またサブドメインと言って ひとつのドメインからいくつでも好きなだけ子ドメインを作り出すこともできます。 それらを使えば独自のドメインとして検索エンジンに評価される時代もありましたが、 最近では独自のIPアドレスでないと評価されづらい仕組みに変わってきています。 ですから必然的にIPアドレスの異なるレンタルサーバーをいくつも借りる必要が でてくるわけです。 その際、当然問題になるのはサーバーのレンタル代金。 安いものでなければ多くを借りることが難しくなってきます。

なぜ独自ドメインをとるのか

携帯電話でナンバーポータビィティーサービスというのがありますが、 ドメインというのはこれに似たところがあります。 つまり機種やハードウエアに依存することなく、携帯番号と同じように URLが持ち運び可能で自由に動き回ることができるわけです。 独自ドメインをとっておくとレンタルサーバーを自由に引越しすることができます。 ドメインというのは年月とともに信頼性を重ねる大事な財産と言えるわけですから、 独自ドメインを登録して自分の財産として管理し、必要があれば自由に引越しする ことができるようにしておくべきです。 (レンタル会社提供のサブドメインを利用するとドメインは借り物ですので引越しのとき 置いていかなければいけませんよ。)

ドメインは自分で管理せよ

例えて言えば、レンタルサーバーというのは植木鉢の土台のようなものです。 ホームページは土台の上にのっている植木鉢に花を植えるようなもので 好きな土台があれば植木鉢ごと自由に動き回れます。 つまりここで言っている植木鉢がドメインにあたるわけです。 普通にサーバーを借りるとドメインの管理はレンタルサーバー業者まかせに なってしまうのですが、必要に応じてレンタルサーバーを自由に動きまわるには ドメインの移管も自分で自由にできるようにして置く必要があります。 このドメインを実際に管理するのはレジストラとよばれる業者なのですが、 レジストラーと直接契約をしておけば好きなときにアクセスしてドメインの 設定を自分で行うことができます。 おもなレジストラは お名前.com ムームードメイン バリュードメイン 名づけてネット スタードメイン があります。

リンク集

Oh!マイレンタルサーバー!! レンタルサーバーデータベース さくらのレンタルサーバ非公式FAQ

相互リンク

日本を変える論客たち 背中 ニキビ パピヨン鉄子とさぶろーブログ 経済 九州の米